スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TS3 OverLay その2 

現段階では、

TS3Pluginから外部ソフトへ状態を送り、外部ソフトでオーバレイ表示を行う
という方向で進行中


文字コード変換で大変な目にあったが、ユーザのマイク状態ON/OFFとニックネーム取得、
取得情報をOL側のプロセスに飛ばして、受け取るまでできた。

バグ取りは後回しとして、DirectDeaw周りがなんとかなれば出来そうですね

スポンサーサイト

OverLay 

TS3のオーバーレイプラグインを作っていたのですが、

plugin(dll)からgsd.dllを読み込んでGSDの初期化→OK
ShowFPSやSefFpsLimit→動作はするがTSが落ちる

というよくわからない状態

ts3plugin_init()内で

if(GSD_Initialize==NULL){
    printf("GSD:    GSD_Initialize()==NULL\n");
}
if(GSD_Initialize()==TRUE){
    printf("GSD:    GSD_Initialize()==TRUE\n");
    GSD_SetFpsLimit(15.0);
}else if(GSD_Initialize()==FALSE){
    printf("GSD:    GSD_Initialize()==FALSE\n");
}

としています。が、
GSD:    GSD_Initialize()==TRUEが表示された後、
DirectX画面にはFPS制限(ShowFPSも)が動くのですが、TS3は不正な処理で落ちます

うーむ・・・

TeamSpeak3 Oβ 


日本時間で19日21:37にTS3のβ版が公開されました

早速入れてみたのでその経過を

Fedora

まず公式から
teamspeak3-server_linux-x86-3.0.0-beta1.tar.gz
をダウンロード

#tar xzf teamspeak3-server_linux-x86-3.0.0-beta1.tar.gz
で解凍

# cd teamspeak3-server_linux-x86
#./ts3server_linux_x86
で起動します

コマンドライン等はフォルダ内の説明書に書いてあります
./ts3server_linux_x86 clear_database=0 create_default_virtualserver=0
こんな感じでどうでしょうか?
createinifile=1をつけておくとiniファイルが出力されます

サーバへのadmin権限登録は、初回起動時のtoken=の値を、
UseTokenに入力すれば良いみたい
その他権限等は、admin権限を所持した状態でメニューからtoken発行で

---追記
通常のままだとバックグラウンドで動作しない模様
yum install screen
でscreenとやらをインストールして

screen -A -m -d -S ts3 ./ts3server_linux_x86
でサーバを起動すればOK

help 

binファイルでtar -xfしてるっぽい箇所があって
tar -zxfしないとエラーになっちゃうんだけど

viでbin開くと文字化けなんですよね
どないしたら解決するんですかね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。