スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さば 

サーバ機を新しくしました。

今までfedra11だったのを、この機会にfedora12にしてみた
といってもDiskは11しか用意してなかったので、インストール後に12にupdate

今回幾つか変えた箇所
・ウィルス対策にf-prot
・監視ツールにMRTG

当初はClamAntiVirusを入れたのですが、メモリ消費が多いので調べたところ、
f-protが軽快で良いとのこと。

MRTGはシンプルで好きです。

以下自身のメモ代わりに残しておきます。

---Tips
■MRTG

MRTG

①メモリの監視

取得する空きメモリ量ですが、

#free 
コマンドの
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:       1025468    1009252      16216          0     514848     375868
-/+ buffers/cache:     118536     906932
Swap:      2064376       3920    2060456

この値なんです。
実際は-/+ buffers/cacheも利用可能な訳で・・・
表示してもわからなくね?

というわけで、解放してやることにします。
/usr/local/freemem.sh を作成(場所は任意)
中身は以下

#!/bin/sh       
sync
sync
sync
sysctl -w vm.drop_caches=3

syncでバッファの中身をディスクに書き込んでおきます(念のため3回ほど)
その後、sysctl -w vm.drop_caches=3で中身をクリアします。

このシェルスクリプトを一定時間ごとに動かします。
/etc/crontabにて

59 * * * * root /usr/local/freemem.sh

(毎時59分に上スクリプトを実行)

を追加すればOKですね。 他の処理と被らない時間が良いかもしれません。


②HDDの監視
※とりあえず色々やって出来た結果なので、余計な操作もはいっているかもしれません
特定箇所(他HDD等)の状態も取得したいですね

/etc/snmp/snmpd.conf の「disk checks」のところを

#disk / 10000   #コメントアウト
disk /
disk /mnt/usb

こんな感じにします。今回は/mnt/usbに外付けHDDをマウントしています。

あとは/etc/mrtg/mrtg.cfgの設定で

Target[disk2]: .1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.2&.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.2:public@xxx.xxx.xxx.xxx

として追加すれば良いですね。 あとは他の項目も[disk2]で記述すればOKです。
.1.3.6.1.4.1.2021.9.1.9.2 の部分は最後の一桁を変更です。
調べる方法もありますが、基本的に連番なので幾つか試してみれば良いかと思います。
public@xxx.xxx.xxx.xxxprivate@localhostだと動かない場合に指定してみてください

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pugyun.blog64.fc2.com/tb.php/197-0e68f912

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。