スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性格診断-酷く悲しい結果 

性格診断があったので、やってみました


 


結果はこんなでした
http://www.egogram-f.jp/seikaku/kekka/ccbcc.htm




性格


まことに困った状態のグラフです。こんなありさまでは、一般社会の仲間入りをするのはほとんど不可能に近いでしょう。損得計算だけはどうにか人なみのことができますが、その他の全ての面が、どうにも手の付けられないほど劣っているのです。社会性がゼロ、人づきあいがゼロ、人間らしい思いやりの感情がゼロ、感受性がゼロ、表現力がゼロ、これでは話にも何にもならないわけです。あなたが社会人として、どうにか生活しているなら、これはどうにも怪しいテスト結果といわなければなりません。あるいはろくにテスト問題を見もしないで適当に○×をつけたということも考えられますし、おもしろ半分のつもりで○×をつけた結果とも考えられます。もう一度じっくりとテスト問題を読み直して、慎重に答えてみてはいかがでしょうか。



普通はもっといろんな面の診断結果を出してくれるらしいんだけど、
性格全否定で簡潔な診断はたぶんこの結果だけだと思います。


こんな俺です。よろしくお願いします。

って言うかね。


性格診断って言うのは、なにか違うと思うんだよね。


自分で書いちゃ意味無いと思うんだよね。


例えば「怒りやすいですか?」って質問があって、


本人は「いいえ」って答えるとするじゃん。


すると結果には「怒りやすくない」って情報が入る訳だよね。


でもさ、周りの人が皆「こいつは怒りっぽい」って思ってたら、話は別だよね。


それは自分を把握しきれていない、どちらかって言うとむしろ問題なんだよね。



そうすると本人が「いいえ」って答えた場合、本当の情報は


「怒りやすく、自分でそれに気が付いていない。穏やかだとさえ勘違いしている」


って情報と捉えるべきなんだよね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pugyun.blog64.fc2.com/tb.php/27-135e1cf3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。